リビングに飾りたいドライブーケの作り方

オシャレなリビングに早変わり

初心者でも作れるドライブーケ

最初にイメージを固めて、その通りに材料を集めてください。 たくさんのドライフラワーがあり、その中でどれを選択するかがポイントです。 気に入った花をとりあえず入手するのではなく、きちんとバランスを考えてください。 良いと思っても、バランスが悪かったら諦めましょう。

具体的な流れを確認しよう

初心者は、作り方の流れを確認してください。 前もって目を通すことで、スムーズに作業できると思います。 綺麗に作るためには、ゆっくり作ることを意識してください。 慌てると作業が雑になって、最終的に見栄えが悪くなります。 作る時間をたっぷりと確保しましょう。

自分で作るメリット

好きなドライフラワー同士を組み合わせることができる、費用を削減できるというのがドライブーケを作るメリットです。 完成したドライブーケをリビングに飾ると室内が華やかな雰囲気になりますし、結婚式で使う人も見られます。 活用方法が複数あるのも嬉しいですね。

綺麗なドライブーケを作るコツ

まずは、イメージを固めてください。
どのような雰囲気で、色合いのドライブーケを作りたいのか決めましょう。
可愛らしい雰囲気にしたいのであれば、赤やピンクの花をメインに使うのがおすすめです。
大人っぽい印象や落ち着いた雰囲気にしたい場合は、紫をメインにすると良いですね。
さらに季節に合わせて、色を決めても良いと思います。
また数種類の花を組み合わせてドライブーケを作りますが、大きな花と小さな花を入れてください。
全部の花が大きかったり小さかったりすると、バランスが悪くなり綺麗に見えません。

ドライブーケを作る時は、最初にバラバラになりそうなドライフラワーをまとめてください。
そして、メインにしたい大きな花から束ねていきます。
その周りに色があって細かいドライフラワーを置いて、紙紐で一旦まとめてください。
次に周囲を、カスミソウや葉っぱ類で囲みます。
この時は、扇を作るイメージでまとめましょう。
枝がはみ出したままでは見栄えが悪いですし、刺さって危険なのでハサミで綺麗に切り揃えてください。
次のドライフラワーの茎の部分に新聞を巻き、チュールの布で巻きます。
最後にレースの紐で結んだら完成で、簡単に作れます。

ドライブーケのメリットは手軽に作れて上品なイメージを演出できますし、安く作れることです。
結婚式のブーケにドライブーケを作る人も増えているので、予定がある人は手作りにしましょう。
それだけで、結婚式の費用を削減できます。